★指導員プロフィール

恭子先生の写真 山本恭子(やまもときょうこ)
昭和30年東京都中央区生まれ。 青山学院中・高等部から 青山学院大学文学部英米文学科卒。 日本ビクター音楽教室ピアノ講師。 昭和56年膠原病により失明。1種1級。 都立障害者センターで田中徹二先生(前日本点字図書館館長)に点字の手ほどきを受ける。 国立職業リハビリテーションセンター電話交換科修了。

昭和58年電話交換手としてバロース株式会社(現日本ユニシス株式会社)入社。 同年山本恭介と結婚(旧姓飯塚)。 AOK点字ワープロをきっかけにパソコンに取り組む。 夫の開発した音声社内電話帳データベース(MS-DOS+音次郎)を使用して8,000名の電話交換業務をこなす。 平成8年日本ユニシス株式会社を退社。 視覚障害者支援総合センターへ入社。点字校正業務。点字表記委員会へ参加。 同年同社退社。 平成14年4月江東区盲人福祉協会パソコンアドバイザー。 平成15年5月夫恭介と視覚障害者情報教育サービスを開業。 現在代表(教育・営業担当)。 パソコン歴20年。

恭介先生の写真 山本恭介(やまもときょうすけ)
昭和31年熊本県八代市生まれ。 大分県立津久見高校から 宮崎大学工学部電気工学科卒。電気基礎工学専攻。 筑波大学付属盲学校にて長谷川貞夫先生を会長に「視覚障害と情報処理クラブ」を発足。 網膜色素変性症にて視力低下し、 昭和57年国立身体障害者リハビリテーションセンター入所。
国立職業リハビリテーションセンター電子計算機科受講。 昭和58年日本ユニバック株式会社(現日本ユニシス株式会社)入社。 以後通信系システムエンジニアとして大型電算センターの通信制御装置のソフトウェア開発および保守業務に従事。 平成14年障害が進行し、1種1級となる。 同年3月日本ユニシス株式会社を退社。 平成15年5月妻恭子と視覚障害者情報教育サービスを開業。 現在代表(経営・企画・技術担当)。 パソコン歴25年(パソコンがなかった時代からコンピュータやってます)。第二種情報処理技術者。

パソコン教室へ戻る トップページへ戻る

Copyright 2003 Shikaku-shogaisha Joho Kyoiku Service Tokyo Japan